自転車操業の会社はたくさんありますが、銀行から融資を得ることができれば良いもののなかなかそれが実現しません。銀行としても、不良債権を抱えるのが嫌だからです。できるだけ余裕のある会社にお金を貸すのが銀行の使命といえますので、本当に困った会社は他の金融機関等を当てにするしかありません。最近はファクタリングと呼ばれる仕組みが人気を集めています。

ファクタリングを利用する人は、ファクタリングを利用する人は利用するわけではありませんが、やはりいざと言うときの駆け込み寺的な存在と言えるかもしれません。ファクタリング会社を選ぶ場合には評判を気にしておいた方が良いものの、評判はネット上の評判だけでなく実際にファクタリング会社と契約をした人から話を聞いてみると良いかもしれないです。ファクタリング会社を利用するときには、3者間で行うものと2者間で行うものがあり、それぞれ違いが存在します。後者の場合は、手続きが簡単な上に即金性があるのが特徴です。

加えて、審査もそれほど厳しくないため借りやすいのが特徴です。前者の場合は、審査は厳しいものの手数料が非常に低く設定されているのが魅力的かもしれません。3週間で行うものの手数料は3%前後になっているのに対して、2社間で行うものは20%を超えるものも少なくありません。20%に設定されている理由は、やはりリスクが大きいからです。

2者間で行うものを利用する会社の多くは、中小企業で経営的に厳しいところが多いのが手数料が高い理由といえます。