最近では大手企業がファクタリング事業に進出してきてはいるものの、依然として小規模の会社もたくさんあり、中には悪質な業者も存在しています。ファクタリングをする人はたいてい資金繰りに困った状態になっていることも多く、提携している司法書士を紹介して債務整理を進めるファクタリング会社や、マイカーローンなどの別のローンを組ませて提携しているディーラーから購入を装わせ、不正な取引を進めるファクタリング会社もあります。こうした悪質なファクタリング会社につかまらないためにも、申し込みをするときは事前に多方面の評判をチェックすることが大切です。会社のホームページには良いことしか書かれていませんが、少し探せば過去に契約をしてひどい目にあってしまった利用者の投稿などを見つけることができます。

こうした悪い評判が多い会社では手数料が高くされてしまったり、違法な取引を持ちかけられたりするリスクがあります。ファクタリング会社は資金繰りを助けてくれる企業ではありますが、貸金業登録をして営業しているわけではありませんので、お金を貸すような取引をすることはできません。評判の書き込み件数が極端に少ない新興の会社にも注意が必要です。事前にグーグルマップなどで会社住所の周辺を見てみたり、企業としての実態があるかどうかも確認するようにしましょう。

中には反社会勢力が関わっているとされる悪質な業者もあるため、利用するときは信用できる会社かどうかチェックすることが非常に重要です。