ファクタリング会社には金融機関のような法規制がないため、問題のある会社も多数存在します。売掛債権を入金期日前に現金化すれば経営資金を確保できるだけでなく、キャッシュフローが改善されるというメリットがあります。金融機関からの融資では数週間から数か月かけて審査を受ける必要がありますが、ファクタリングならば即日から1週間ほどで現金化が可能です。信頼できるファクタリング会社を選んで素早く経営資金を調達したいのであれば、各社の評判を参考にして信頼性を判断するとよいでしょう。

インターネットで検索すると様々なファクタリング会社のホームページを見付けることができるため、どの会社を選んだらよいのか分からず困ることがあります。まずは提供しているサービスの方式と手数料を調べ、他の利用者からの評判も確かめることが大切です。ファクタリングには2社間方式と3社間方式があり、手数料の相場は前者が売掛債権額の6%から40%ほどで後者は1%から5%ほどです。ブログやSNS、掲示板サイトなどを見れば他の利用者による評判が分かります。

手数料が相場からかけ離れておらず、評判のよい会社を選べば安心です。問題のあるファクタリング会社では着手金や審査手数料、登記費用などを別途請求されることがあります。また担保や保証人を求められたり消費税を請求される場合も存在します。優良な会社では基本的に諸費用が全て手数料に含まれており、担保や保証人を求められたり消費税を請求されることもありません。

各社の評判を参考にしながら妥当な手数料を提示している会社を選べば、売掛債権を早期に売却して安全に経営資金を調達できます。