幅広い職種に対応しているタイムレコーダーは、勤怠管理に必要不可欠なツールになっています。タイムレコーダー本体で時刻を記録するタイプ、ICチップ入りの社員証をかざすだけで勤怠管理のできるタイプ、ネットワークに情報を転送するタイプと様々です。ハイテク化が進んでいますが、タイムカードの用紙を押し込むだけの使いやすいタイプもまだまだ現役で利用されています。多種多様なニーズに応えるタイムレコーダーを導入する企業や店舗が増えています。

給与計算も簡単になるので、事務や経理のスタッフの負担を減らせます。「導入したいけど、どのような使い勝手なのか把握してから導入したい」そう考える経営者の方も多いと思います。勤怠管理システムやタイムレコーダーを提供している企業は体験版やお試しレンタルサービスも行っていますので、導入の前に使ってみることをおすすめします。料金設定は各社ごとに違いがあります。

無料版をリリースしている企業もあります。従業員が少ない企業の場合は無料版でも十分使えます。基本的には無料版は機能制限があることが多いので、使い心地が悪くなったら有償版に移行しましょう。ネットワークを使ったタイプは、紙のタイムカードを使わないのでコスト削減に繋がります。

専用ページにアクセスすれば、簡単に社員の出勤状況が把握できますので、集計も簡単になります。中には出勤状況・退勤状況を給与計算に紐付けが可能なので計算の手間も省けます。