多くの社員を抱える企業では、勤怠の管理を人の力を借りて行おうとした場合、それだけで多くの時間が割かれ、またその仕事に伴う人件費が無駄になってしまいます。一昔前まで社員たちは手書きの日報やタイムカードだけで勤怠の打刻を行っていました。しかし、そのアナログな管理システムでは、正確な時間とそれに見合う時間給を支払うことが出来ず、また悪質な誤魔化しなども発生し、トラブルになることがしばしばありました。そういった内部のトラブルは社員たちの会社への信用を損なうだけでなく、作業効率やモチベーションまで低下させてしまいます。

現在はコンピューターによる勤怠管理システムの性能が向上し、全てを全自動化して管理することが可能となっています。たとえば正社員と契約社員、またパートなどといった就業形態によって時間による給料が変わる場合があります。勤怠管理システムを導入すれば、ひとりひとりの従業情報を事前に入力することが簡単に出来て、残業代などの算出方法でトラブルを避けることができます。また、社員の管理において国の定める労働法制を企業は守らなくてはなりません。

勤怠管理システムには労働法制改正などが合った場合にも、その組み立てが自動でできるシステムになっていて、労働基準法に違反した過度の勤務を避けることができ、内部統制が整い、コンプライアンスなどの体制の整備にも役立ちます。事後申請では細かいチェックが及ばないケースが多発する中で、勤怠管理システムはリアルタイムで計算し、問題があればすぐにピックアップされますので、企業にとって大変メリットの高いシステムとなっています。